get AdobeReader
IPTPC セミナ2015


 IPTPC セミナ2015 のご報告

IPTPCでは、昨年12月9日に『IPTPCセミナ2015』を開催しました。 年末のお忙しい中、多数のご来場をいただき、ありがとうございました。

今回のセミナでは、テーマに「企業コミュニケーションを支えるセキュリティの今」を掲げ、 前半で昨年大きな問題となったIP電話の不正利用と対策となるセキュリティ技術の基礎について、 後半で通信業界の最新動向や通信商材の動向などについて、IP電話の市場啓蒙に役立つさまざまな講演を頂きました。

参加者は、IP電話にかかわるメーカ、販売店、IT・通信工事業者、SIerを中心に約100名にのぼり、熱心に講演を聴講されていました。 アンケートで、「通信の秘密の辺りが参考になった」「IoTのセキュリティを考えるきっかけとなった」「旬の話題が多く勉強になった。また客先との会話にも使えそうな内容で良かった」などのご意見、ご感想を数多く頂きました。



テーマ: 『企業コミュニケーションを支えるセキュリティの今』



                                                      セミナ会場の全景

基調講演

総務省から、電気通信事業にかかわる消費者保護行政を推進する総合通信基盤局 消費者行政課長 湯本博信様をお迎えし、「IP電話に関連する諸課題への取り組み」と題する基調講演を頂きました。

基調講演では、IP電話の勧誘を巡るトラブルや、IP電話が第三者に不正利用、利用者に高額な国際電話料金の請求がなされる問題等を背景に、これらの諸課題の状況を踏まえつつ、総務省としての消費者行政に係る取組みについて御紹介いただきました。

講演ではIP電話の不正利用に係る通信の秘密の保護との関係やサイバー攻撃への対処に関する研究会の内容、また、IoT向けに携帯電話番号の有効利用に向けた制度のあり方など、IPTPC認定技術者にとっても大変有益な講演でした。
  総務省 消費者行政課長 湯本博信様



一般講演(OKI)

湯本課長が取り上げられた諸課題の背景にあるセキュリティについて「これだけは知っておいてほしいVoIPセキュリティの基礎」をテーマにIPTPC千村が講演を行いました。

同講演では、VoIP技術に関するセキュリティ課題について、実際の事例をモデル化し、概要とその原因を解説しました。また、セキュリティ課題の対策について、セキュリティを守るための技術(認証・暗号化・ファイアウォールなど)と運用方法のポイント(パスワード管理・ポート管理・ログ管理・通話制限)について紹介しました。

本講演の内容は、リックテレコム社 月刊テレコミュニケーション誌(2月号)に掲載の予定です。
                IPTPC OKI代表 千村保文



特別講演

リックテレコム社 月刊テレコミュニケーション 土谷宜弘編集長をお迎えし、「転換期の通信業界 〜 2015年から2016年へ、変化の方向を読む 〜」と題する特別講演を頂きました。

特別講演では、通信キャリアの変貌、NTTのビジネスモデル転換、PSTNの廃止と新ネットワーク構想、サービス統合化ビジネスへ、セキュリティの戦略的重要性、IoTビジネスの展望、ロボットAIの新領域などのテーマを挙げて、通信業界の変化についてご紹介頂きました。

講演後、参加者からは、「どれも大変参考になり、もっと聞きたかった」「各通信事業者の変化が具体的に分った。勉強になりました」などの声が多く寄せられました。
テレコミュニケーション編集長 土谷宜弘様



一般講演(NEC)

NEC スマートネットワーク事業部 技術主幹/ 山形大学 客員教授  小林 佳和様より「ディーラーに役立つ通信商材動向  〜 動向トップ10とディーラーへのお役立ち情報 〜」をテーマに講演をいただきました。

同講演では、実際のデモを交えながらディーラーに役立つ動向(セキュリティ、Wi-Fi、スマートデバイス、クラウドなど)や商材情報について紹介されました。

講演後、参加者からは、「IoTというと敷居が高く何を提案するのか難しいイメージがあったが、講師の話を聞くと不思議と身近に感じた」「SNSやOffice365等で簡単に次世代オフィス空間が提案出来るデモが面白かった」などの声が上がっていました。
            NEC / 山形大学 客員教授 小林佳和様

以下に、基調講演をはじめ講演資料のダウンロード先を掲載しています(講演者の都合により簡易版の場合があります)。スキルアップや新資格取得の準備活動、新技術動向を踏まえた営業SE活動等に、是非ご活用下さい。
IPTPCは、今後も進化し続ける新たなコミュニケーションへ対応すべく、最新情報を発信して参ります。ご期待下さい。

セミナ内容と
講演者紹介
@基調講演: 14:35〜15:05
タイトル: IP電話に関連する諸課題への取り組み
講演者: 総務省 総合通信基盤局 消費者行政課 課長 湯本 博信 氏
概要: IP電話の利用数は、0ABJ型IP電話を中心に増加傾向にある一方、IP電話の勧誘を巡るトラブルや、IP電話が第三者に不正利用され、利用者に高額な国際電話料金の請求がなされる問題等が発生しています。これらの諸課題の状況を踏まえつつ、総務省としての消費者行政に係る取組みについて御紹介します。
A一般講演: 15:05〜15:35
タイトル: これだけは知ってほしいVoIPセキュリティの基礎
講演者: IPTPC OKI代表 千村 保文
概要: IP電話システムやサービスが実用化されてから10数年が経過しました。IP電話は世の中に一般的なシステム、サービスとして普及してきていますが、一方でIP電話の不正利用などセキュリティ上の課題も発生しています。IP電話を安心・安全に用いるためには、VoIP(Voice over Internet Protocol)に関するセキュリティ技術の把握が欠かせません。VoIPのセキュリティについて、これだけは知っておいてほしい技術、使い方を平易に解説します。
B特別講演: 15:45〜16:30
タイトル: 転換期の通信業界  〜 2015年から2016年へ、変化の方向を読む 〜
講演者: リックテレコム社 月刊テレコミュニケーション編集長 土谷 宜弘 氏
概要: 通信業界はまたも大きな転換期に突入しています。通信事業者が市場の飽和で新たな展開を始めるなかで、メーカー、ディーラー、SIも新たな対応を迫られています。また、通信市場では、新たな事業・サービスが相次ぎ、これまでとは異なった様相を呈してきています。光コラボに始まる新施策やIoT、ロボット、AIなどの最新の動きを整理しながら、今後の変化の方向を考えていきます。
C一般講演: 16:30〜17:00
タイトル: ディーラーに役立つ通信商材動向
  〜 動向トップ10とディーラーへのお役立ち情報 〜
講演者: NEC スマートネットワーク事業部 技術主幹/ 山形大学 客員教授 小林 佳和
概要: 通信ディーラには、ビジネス拡大のチャンスが沢山到来しています。オフィス内の提案から屋外含めたワークスタイルの提案が可能になり、Windows10やスマートデバイス用のOSが自然と、屋外と屋内を結ぶ提案を支援してくれるようになり、難しいサーバ設定を割愛してクラウドからのサービスでオフィスやビル全体のサービスの提案を可能にします。実際、“電力・エコ・セキュリテイ・新無線LAN規格・BYOD・BCP”等が、通信ディーラのチャンスをもたらします。役立ちの動向トップ10と、それを通信ディーラのビジネスにするためのお役立ち情報をお届けします。
DIPTPCよりご案内: 17:00〜17:15
タイトル: 通信機器業界におけるIPTPCの位置づけおよび資格者の役割
講演者: IPTPC事務局


 開催概要
主   催 IP電話普及推進センタ(IPTPC)
協   力 (株) リックテレコム、(株) ジェイ・ジェイ・エス、(一社) 情報通信技術委員会(TTC)
参加者特典 リックテレコム社「NGN時代のIP電話標準テキスト」を抽選で10名様にプレゼント。
IPTPCの研修・試験のキャンペーン割引きあり(詳細は別途)。
日   時 2015年12月9日(水) 14:30〜17:30
受付開始:14:00、 開演:14:30
場   所 NEC本社ビル 地下多目的ホールU −会場地図
東京都港区芝5-7-1  TEL:03-3454-1111
最寄り駅: JR山手線/京浜東北線 田町駅 西口(徒歩5分)/
              都営三田線 三田駅 A10出口(徒歩1分)
定   員 100名(定員を超えた場合には申込みを締め切らせて頂きます。お早めにお申込下さい)
受 講 料 無料
お問合せ IP電話普及推進センタ(IPTPC) 事務局
 e-mail:iptpc-edu@oki.com

ページの先頭へ