get AdobeReader
ビジュアルコミュニケーションアドバイザ研修 研修のお申込
コース名称 ビジュアルコミュニケーションアドバイザ研修
(旧 ビジュアルコミュニケーション基礎研修)
−ビデオ会議を中心に、映像の基礎、ビジュアルコミュニケーションの基礎から提案まで−
教育期間/時間/会場 1日間
  10:00〜17:00 : 東京・虎ノ門会場
受講料 38,880円 (税込み)
 ※税込み金額は消費税8%の表示です。
内容 IPTPCが考えるユニファイドコミュニケーションとビジュアルコミュニケーションの基礎と位置付けを学びます。また、映像の基礎、ビデオ会議の基礎の呼制御プロトコル、コーデック、MCU(多地点接続装置)、帯域などの知識、ビジュアルコミュニケーションの導入事例やお客様への提案指針について学習します。
  • 1章 ビジュアルコミュニケーション(VC)の全体像
    • 1-1 ビジュアルコミュニケーションの変遷
    • 1-2 ビジュアルコミュニケーションの種類
    • 1-3 ユニファイドコミュニケーションにおける
          ビジュアルコミュニケーション
    • 1-4 基本となるビデオ会議
    • 1-5 付録
  • 2章 ビデオ会議システムの基礎知識
    • 2-1 ビデオ会議システムの構成と機器
    • 2-2 呼制御
    • 2-3 映像・音声コーデック
    • 2-4 映像・音声伝送
    • 2-5 データ共有
    • 2-6 MCUの仕組み
    • 2-7 ビデオ会議で利用するネットワーク
    • 2-8 ネットワークの帯域・品質について
    • 2-9 その他の技術
    • 2-10 付録
  • 3章 導入事例
    • 3-1 ビデオ会議端末とWeb(PC)端末の混在導入例
    • 3-2 ビデオ会議端末とPC型多地点会議装置による
        大規模導入例
    • 3-3 全拠点Web(PC)端末を利用した導入例
    • 3-4 Web会議端末のプレゼンス機能を利用した導入例
    • 3-5 Web会議端末を利用した遠隔窓口相談システム
        の導入例
    • 3-6 多拠点を有する企業の社内研修や社内説明会
        での導入例
    • 3-7 会議予約機能(システム)と連携させた導入例
  • 4章 提案指針
    • 4-1 ビデオ会議システムの形態別提案のポイント
    • 4-2 ビデオ会議システムの各種選択肢
    • 4-3 ビデオ会議システムと他システムの連携
    • 4-4 ビデオ会議システムのセールスの実践
    • 4-5 ビデオ会議システム導入成功のポイント
    • 4-6 付録

【備考】コース内容は一部変更される場合があります。

ページの先頭へ